新人観察日記①

遭う人遭う人から日焼けを指摘される黒焦げの扇山です。

私達新人も、入社して4ヶ月が経とうとしています。
日々具体的なイベントやシステムについて紹介している新人ブログですが、今回は趣向を変てみようと思います。
本投稿では私達(主にERPの4人)が入社当初と比較して成長した点を、ビジネス面について簡単に紹介します。

特筆すべき事項は電話応対です。
当初、不慣れで辿々しく毎日がアドベンチャーでした。受けてる本人はもちろん、横にいる同期にも(近くに座るチューターにも?)緊張が走りました。
回数を重ね同期や先輩からアドバイスをもらうことで、今ではイレギュラーな対応にも慣れつつあります。
電話の取り次ぎは上司の顔を覚える手段としても活躍中です。
社員の顔を覚えるごとに会社での居心地も良くなり、以前よりリラックスして働けるようになりました。

メールの使い方も徐々に成長しております。
送る一通ごとに複数人で添削したり、同姓の別上司に送信したりと初めはバタバタでした。
間違いや誤ちを共有し日々改善することで、メールの質も向上しています。

私は入社する前、主に技術面を心配していました。
しかし、入社してすぐの数ヶ月はビジネス面で慌てることが多かったように思います。

当社の社是は「社員全員が一流の技術者」です。新人の今ビジネスマナーを身につけて、まずは一人前の「社員」になれるよう精進いたします!