GRANDIT研修が終わります。

みなさん、こんにちは。

サンタさんの正体を知ったのは3歳のとき、宮地です。
世の中のお父さんお母さん、子どもの夢を奪わないでくださいね。

さて、もう8月も下旬に入り、長いようで短かったGRANDIT研修が終わりを迎えようとしています。
ですので、ここでいったん宮地のシーズン1は終了ということで振り返りをせずにはいられません。

6月から受けているGRANDIT研修は用意された課題に沿って
GRANDITをカスタマイズするという形式が主となっています。
私は課題①の前のチュートリアル的な課題から躓いてしまい、
正直、3ヵ月間で一定程度まで成長できるかかなり不安でした。

しかし、チューターをはじめとする先輩社員の方々や、同期のおかげで、
それなりに(研修課題における)カスタマイズができるようになりました。
とはいえ、まだまだ課題のレビューでは指摘されることがたっぷりあるので、
向上心をもって、頑張りたいです。

また、技術方面だけでなく、電話応対では保留ボタンを押し忘れたり、
お客様の社名をうまく聞き取れないなど日常茶飯事でした。
月初勉強会の準備ではメールを送る先輩社員を間違えたり、
誤字があったりなど、ミスばかりしてしまいました。
しかし、現在では今までしでかしたミスを生かして、何とかこなせています。

とりあえず、基本的なことですが、「何事も手を動かして、考えて、また手を動かす」を続けることが重要であると深く感じた半年近くでした。

以上が、ざっくりな振り返りです。

埼玉本社を去るのは寂しいですが、
大阪支社での新しい環境がとても楽しみです。
大阪でも成長できるよう邁進していきます!