モジュールアップ作業

こんにちは。
長く続いていた咳も収まり始め、ソシャゲのイベントも一区切りつき
穏やかな日々を迎え始めた斉藤です。
次のイベントが目前なのでもう終わってしまいますが・・・

今日は業務で行っている実行環境へのモジュールアップ作業について
お話ししたいと思います。

初めて「モジュールアップ作業」という言葉を聞いた人もいると思いますが、
私がやっているのは、お客様からの要望で修正した内容を
お客様の動作環境を模した実行環境に適用することです。

これを行う理由としては、ローカル環境で正常な処理が行えたからといって
お客様の環境でも正常に動くとは限らないからです。
「実際の動作環境に修正を適用したら別のバグが発生した」という
状態にもなりかねません。
このような状態を未然に防げるよう、実行環境を用意し動作を検証します。

作業内容としては簡単で修正を行ったプログラムやデータベースを
実行環境に適用するだけです。
しかし、気を付けて行わないと動作が正しくなくなったり、エラーが発生したりします。
それを修正しようとする時に、ローカル環境ならばプログラムを修正すればよいのですが
実行環境では適用漏れの可能性もあるので、きちんと適用されているかの
チェックを行う必要も出てきます。
私も実行環境でエラーが発生した際にプログラムの方が間違っていると決めつけ、
適用のチェックを怠ったばかりに時間を無駄にしてしまったこともあります。

今後もモジュールアップ作業を行うことは増えていくと思いますが
適用漏れがないよう気を付けることと
エラーが発生した際の適用のチェックを忘れずに行っていきます。