避難訓練

こんにちは、松原です。

先日、当社がオフィスを構えるランド・アクシス・タワーにて
テナント一斉避難訓練が実施されました。
本日はその際のお話をします。

訓練に社内全員が参加するのは難しいため、
各部署の代表者が参加することになっています。
今回のEC部代表は、私が務めることになりました。

訓練は、地震に伴う火災が33Fで発生するという想定で行われました。
避難の非常放送が流れたら、避難経路に従って
2階のエントランスホールまで避難するという流れです。

非常階段で32Fから2Fまで避難するのは
運動不足の私にとってはなかなか大変で、
2Fに着いた時には足が震えていました。

今回は参加者が少ないためスムーズに避難出来ましたが、
実際には何十倍もの人が避難するため、
日頃の準備が重要だと感じました。

また、避難を終えたあとには火災による煙の体験をしました。
ビニールハウスに煙を充満させ、
その中を壁を伝いながら進んでいくというものです。

ビニールハウスの中は本当に視界が悪く、前方を歩く人がやっと見える程度でした。
体験なので無害な煙でしたが、実際の状況を考えるととても恐ろしいです。

訓練を通して1番感じたのは、災害が起きなければいいな、ということでした。