単体テスト

こんにちは、松原です。
最近は、気付いたら年を越していそうで怯えています。

入社より研修を行っていましたが、
先週より初めて案件にアサインされました。

今回は案件作業として実施している、“単体テスト”のお話をします。

システム開発におけるテストとは、
開発したシステムが仕様書通りに出来ているか、
求められている機能や性能を満たしているかを確認するための作業です。

テストには環境や条件を変えて行う数種類の工程が存在します。
中でも単体テストとは、プログラムを手続きや関数などの個々の機能ごとに分割し、
それぞれについて動作検証を行うテストのことです。

テストを行う項目や手順を示すテスト仕様書が作成されており、
私はその仕様書に従って動作検証を行っています。

期待通りの動作をすれば、テスト項目を満たしたことになります。
また、画面のキャプチャを取って証拠として残します。

もし期待する動きをしなければ、障害としてチームに報告し、
担当者に修正をしてもらいます。
その後、該当の障害が修正されていることが確認出来れば、
テスト項目を満たしたことになります。
これの繰り返しで、全テスト項目をクリアしなければなりません。

研修と大きく異なるのは、自分の作業が他の方にも影響することだと感じています。
まだ分からないことや失敗もありますが、
役割を与えられたからには、責任を持って作業にあたりたいと思います。