フォントにフォントだよ

LINEモバイル契約中の扇山です。
昨晩は本田翼さんのゲーム実況を見ていました。

先日社内で「MSフォント使用禁止」の呼びかけがあり、游ゴシックNoto Sansが推奨フォントとして紹介されました。
本投稿ではフォントオタク気質な私から「フォントの仕組み」についてお話します。

PC作業で常につきまとう文字フォント、特にMSOffice系のソフトではかなり意識しますよね。
明朝体/ゴシック…など名称は聞き覚えがあるものの、
フォント自体の仕組みを知る人は多くないと思います。
今回は「フォント幅」「フォント形式」をピックアップしてご説明します。

フォント幅
・等幅フォント
すべての文字幅が統一されたフォント。
・プロポーショナルフォント(可変幅フォント)
文字ごとに別の幅が設定されたフォント。

“Pゴシック”など、フォント名に”P”がつく要因がこの”プロポーショナル”です。
一般的に読みやすさは 可変幅>等幅 と言われています。
しかしインデントなど幅合わせが視認性に影響するプログラミング用途では、等幅が適切です。
もちろん私も等幅フォントを利用しています。

フォント形式
・ビットマップフォント
ドットの組み合わせで文字を表現したフォント。
ワープロなど初期のコンピュータで使用されていたが、
文字サイズの変更で劣化するため現在はほぼ使用されていない。

・アウトラインフォント
文字の輪郭を関数曲線の情報として持つフォント。
拡大しても綺麗に表示でき現在の主流。
–代表的な形式と開発会社
・TrueType(Adobe社)
・PostScript(Apple&Microsoft社)
・OpenType(Adobe&Microsoft社)

アウトラインフォントの種類については、
それぞれに歴史や特徴があり、調べてみると面白いです。

普段なんとなく見ているフォントですが、
その成り立ちや背景を知ると、文字入力が楽しくなると思います。

最後に歴代Windowsの標準フォント(MSゴシック・メイリオ・游ゴシック)と
最近Windowsに追加されたBIZ UDゴシックフォントの比較画像を貼りお別れです。
各所で批判されていますが、MSゴシックも悪くないと思います!!
(BIZ UDゴシックはWindows 10 October 2018 Updateを適用すると利用できます。)